ターラックのCNE1は田舎

21日目 ターラックのCNE1がすごい田舎でビックリ!

朝はまったり過ごした。みんなはSMクラークに行ったが、ちょっと時間が中途半端だったので、参加を見送る。雨がすごい。

昼飯を食べにSMに行って、ダラダラ話して帰る。ナオキさんと合流。彼はマニラに行かないとあかんのに待っててくれた。着信あったのに気づいてなかった。ごめんよ。一緒にダウステーションまでトライシクルで移動。ここでお別れ。彼はマニラへ。そして、僕はターラックへ向かう。

バスのオッサンにCNE1の住所を見せて、着いたら降ろしてくれと伝える。

CNE1の住所 San Vicente, San Manuel, Tarlac 2309, Philippines

そしたら、2時間ほどで何もないバス道に降ろされた。

ターラックCNE1のゲート

ここがCNE1らしい。Carthel Science Educationって書いてる。何もない場所だ。時間は18時。驚くほど何もない。ゲートのセキュリティに名前を伝えて中に入る。

ターラックのCNE1の外観はオレンジの建物

着いた。これがCNE1か。オレンジとブルーの建物。

ウロウロしながら構内と歩いてると、突然知らない人に話しかけられた。僕のことを知ってると言う。そしたら、HISバングラデシュのマザーハウスツアーに行かれていたヤマザキさん。会ったことないけどメールしたことありましたよ。一緒にSMロザレスに買い物に行っていろいろ教えてもらう。世間は狭っ。

投稿者:

中谷 よしふみ

フィリピン留学ラジオの管理人

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください