年配留学生がネポボーディングハウスを卒業

6日目 52歳フィリピン留学生の旅立ち

52歳、貯金で生活、あと数年で年金生活。寒くなると膝が痛いから冬は暖かいところに行く。今日はそんなガンちゃんの最終日

Today is final day for Mr Gan who is 52 years old same to my father’s age and a traveler getting a pension。

ランチの後にカフェに行った。僕らの年金が彼の娯楽に使われていると思うと頭にくるので、カフェはもちろんガンちゃんの奢りだ。彼の武勇伝を聞いたら、彼がこの地(アンヘレス)を選んだ理由も理解できた。英語が全然喋れないのに、バイク借りてそのへんを走り回ってるパワーは単純にすごいと思う。

After lunch We went to a cafe then listen his story. It was very interesting so we promised to meet in Asia again.

最後に、2週間の英語留学で得たものは何?という質問した。

At final I asked him what is the thing you get for this 2 weeks English listen?

「meetって単語」って一言呟いて、トライセクルに乗り込んでいった。あの最高の笑顔は忘れない。日本は平和だ。グッドバイ。もう財布は盗まれないでね!またアジアのどこかで会うことを誓った。

He said I got the word “meet” and rode a trycle for Manila. Good bye. Don’t robbed your wollet again!

投稿者:

中谷 よしふみ

フィリピン留学ラジオの管理人

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください